一人旅の情報

準備

一人旅の準備グッズリスト!いるものいらないもの

こんにちは!

「タビビト」ライターの堀本です。

って、まだライターは私一人しかいないですが。
(早く、他にもライターを見つけないと…)

気を取り直して!本日の話題は「一人旅の準備グッズ」

私自身、2年近く一人旅を続けるにあたり、様々な準備をしました。あれいるかな、これいるかなと準備する時間って楽しいですよね。

ただ、実際に一人旅をしてみると、あれいらなかったんじゃね……。と正直、2年間でほぼ使わなかったものもあります。

せっかくの一人旅、気軽に身軽に楽しみたいですよね。

そこで、今回は一人旅でいるもの、いらないものをまとめてみました!かなりスマートな内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

1.一人旅の基本グッズ

初めての一人旅となると、あれもこれもと張り切ってしまいます。

しかし、本当に必要なグッズはちょっとしたものだけ。気軽に身軽に旅を楽しむのなら、以下の”基本グッズ”だけで十分です。

パスポート

外国に行くのなら必須なのが「パスポート」。

日本のパスポートは本当に優秀です!

基本的にどの国にいっても歓迎されます。

どのイミグレ(出入国管理)でも「日本人か?よし通っていいぞ」と。ヨーロピアンが止められていても、日本人ならスルーです。

ちなみに、パスポートの取得には1週間以上かかります。

グッズを揃えて、航空券を買ってと……どれほど準備をしていても、パスポートを忘れたら出国も、入国もできないので注意しましょう。

現金

何をするにも先立つ物(現金)が必要です。

ただ、あまり大金を持ち歩くのは危険!

現金は3万〜5万円と必要最低限にし、あまり現地民に見せびらかさないようにしましょう。

私自身も、過去には窃盗・強盗被害にあったことがあります。

バッグに現金を入れて、鍵をかけていたのですが、鍵を壊して中身をごっそりいかれていました。

とほほ……。

旅の途中で現金を追加したいなら、「国際キャッシュカード」がおすすめです。

海外のATMで、現地のお金を引き出せるのでとても便利。
クレジットカードのように、発行時の収入審査などはありません。

クレジットカード

旅での買い物に「クレジットカード」も準備しておきましょう。

東南アジアだとあまり使い所がないですが、ヨーロッパとかだと大体クレジットカードが使えます。

ただし、クレジットカードは銘柄によって使えないことがあるので要注意です。

  • VISA
  • MasterCard
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • JCB(日本銘柄)

ダイナースクラブやJCBだと場所が限定されるので、VISAやMasterCardなど有名どろこがおすすめです。

ちなみに、私はVISAとMasterCard、JCBの3枚使いをしていました。

衣類

衣類は渡航先の気候、季節に合わせて準備するのがポイント!

  • Tシャツ…3枚
  • 長袖…1枚
  • 羽織るもの…1枚
  • スボン…1本
  • 下着…3セット

基本はこれくらいあれば十分です。

あとは、寒い季節ならダウンジャケットを、雨季に行くならレインコートも必要になります。

ユニクロなどでおなじみの「ウルトラライトダウン」はかなり優秀で、軽いし暖かいし、小さくなるしで一人旅にはぴったりです。

旅行用カバン

スーツケースでもいいですが、おすすめなのは「バックパック」。

登山にも使われるもので、しっかりしていて容量も抜群!大きさによっては機内持ち込みもできて旅費も浮かせられます。

あと、一人旅だと寝台バス、寝台列車に乗ることもあると思います。

そんな時、バックパックがあれば枕がわりにも。ある程度柔らかいので体に当たっていても大丈夫です。

長期旅行なら20L、短期なら10Lもあれば十分でしょう。

衛生用品

「洗面具」や「常備薬」などの衛星用品も準備しておくべき。

渡航先にも洗面具はありますが、日本人の小さな口には合いません。正直、海外で購入した歯磨き粉の味は当たり外れが大きいです。

また、薬関係も日本のもの、普段から使っているものが安心。

ちょっとした風邪で病院を受診したとして、体に合わない薬を使用されて帰らぬ人に……なんて話も聞きます。

長期間の一人旅であれば、事前にかかりつけ医に相談しておくことをおすすめします。

海外旅行保険

一人旅でパスポートくらいに大切なのが「海外旅行保険」。

旅行中はちょっとしたことで意外と病気や怪我になります。

例えば、露店で買い食いをして腹痛に……。そのまま39度の高熱になって三日三晩寝込むことも珍しくはありません。

道端を歩いていたら車に引かれて救急搬送……。東南アジアなどは運転が荒いので交通事故は日常茶飯事です。

海外で治療を受けると、風邪程度でも数十万円します。

海外旅行保険は数日から、数年単位で入れます。料金的にも数日なら数百円、年単位でも10万円程度です。



2.あると便利なグッズ

正直、基本グッズさえ準備しておけばOK。ツワモノの旅人なら「パスポート」と「お金」だけのこともあります。

ただ、せっかくの一人旅ですからもう少し快適に過ごしたいもの。

例えば、以下のようなグッズを準備しておくと便利です。

カメラ

一人旅だからこそ持っていきたいのが「カメラ」。

それもできれば一眼レフに望遠2本の組み合わせです。

  • キヤノン EOS 6D MarkII(カメラ)
  • EF24-70mm F2.8L II USM(レンズ)
  • EF70-200mm F2.8L USM(レンズ)

例えば、上記のように中望遠に大口径望遠レンズなど。

旅先で出会った人々をパシャり。
世界遺産や古い町並みをパシャり。

日本に帰ってきたときに旅の思い出を振り替えれますよ。

十得ナイフ

長期の一人旅であれば「十得ナイフ」もおすすめ。

ナイフや栓抜きなど数種類の機能が1つになった万能ナイフ。

フルーツの皮を剥いたり。
地ビールの栓を開けたり。

時にはアマゾンで先住民と戦ったり。

すいません、嘘です……。

とにかく、これ1本あれば何かと便利です。

ただし、ナイフなので機内持ち込みはできません。身体検査で引っかかるので、忘れずに預けましょう!

洗濯ロープ

衣類が少ないのなら「洗濯ロープ」も用意したいところ。

Tシャツや下着くらいは洗面所で洗えます。洗った衣類は、部屋に洗濯ロープをはって干すだけ。

「高級ホテルならランドリーサービスがあるのでは?」って思いますが、一人旅ならホテルをケチって、他のところに使うべき!

積極的に大部屋で泊まれる「ドミトリー」を利用しましょう。

多国籍で異文化交流ができて、一人旅にはぴったりですよ。

ビーチサンダル

どの地域に行くにせよ、「ビーチサンダル」はけっこうマストです。

というのも、海外のホテルは洗面所の汚いことが。それこそ、ここまで汚れるか……と絶句するくらい汚いことがよくあります。

そんな時、ビーチサンダルがあれば気にせずシャワーできます。

もしビーチサンダルが苦手なら、「クロックス」という手もあります。しっかりした弾力があるので、長時間歩いても疲れにくくておすすめです。

ウェットティッシュ

「ウェットティッシュ」や「ポケットティッシュ」もあると便利です。

海外の人々はけっこうな割合で手を洗う習慣がありません。

欧米人の綺麗な女性も、トイレの後はそのまま……。

当然、レストランに入ってもウェットティッシュが出てくるのは稀です。衛生面で身を守るためにも、準備しておくのが良いでしょう。

3.正直いらなかったグッズ

一人旅ともなると、あれもこれもと張り切ってしまいます。

気づいたときにはカバンの中がパンパンに……。

日本に帰国して、正直あれ使わなかった……、というものがけっこう出てきます。

例えば、以下のようなグッズは無くてもまず問題ないです。

充電器

意外かもしれませんがスマホの「ポータブル充電器」。

「スマホの電源が落ちたらどうするの?」と不安な方も多いはず。

しかし、海外の路上でスマホを使うのは危険です。東南アジアなどではスマホを狙った窃盗事件が頻発しています。

日本の感覚で歩きスマホなんてしていたら格好の餌食です。

スマホの画面を見るくらいなら、周りの風景を楽しみましょう。

大量の衣類

衣類は必須ですが、「大量の衣類」は必要ありません。

せっかくの旅行で、おめかししたい方も多いと思います。

でも、衣類のためにカバンがパンパンに……。頻繁に移動する一人旅では、大きな荷物だと大変です。

あと、せっかく海外にきたのなら、現地の衣装を探してみては?

海外ならではのデザインTシャツを集めてみるのも。現地民と同じ衣装で過ごすのも旅の醍醐味というものです。

ガイドブック

あると便利ですが、正直いらないのが「ガイドブック」。

日本を出国する前に、リサーチ用としてはとても便利。ただ、持ち歩くにはガイドブックだと分厚くて重いです。

もし、現地の情報が知りたいのなら、ホテルのロビーでできます。

近くに美味しいお店ある?と、接客係に聞いてみましょう。ガイドブックには載っていない、ディープなスポットが見つかるかも。

ついでに危険な地域も聞いておけば、より安心して旅を楽しめますよ。

4.まとめ

今回は、一人旅の準備グッズについてまとめてみました!

初めての一人旅、ドキドキワクワクが止まらないはず。ついあれもこれもと、荷物が多くなってしまうものです。

ただ、よくよく考えれば荷物ってそれほど必要ではありません。

絶対に必要なのは「パスポート」と「お金」くらいなものです。最悪、あとは現地で揃えるという手もあります。

ぜひ、せっかくの一人旅、気軽に身軽に楽しんでくださいね。

関連記事

  1. 一人旅の情報

    準備

    一人旅の準備計画!立ててるときも楽しい

    こんにちは!「タビビト」ライターの堀本です。今回の話題は「旅の計画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Recommended

  1. マカオ・花火
  2. 香港・ネオン街
  3. 北朝鮮・金日成広場

Recommended

  1. 【マカオ】基本情報
  2. 【香港】基本情報
  3. 【北朝鮮】基本情報
  4. 【モンゴル】基本情報
  5. 【モルディブ】基本情報
  1. タイ・寺院

    アジア

    【タイ】基本情報
  2. 一人旅の情報

    準備

    一人旅の準備計画!立ててるときも楽しい
  3. スリランカ・ダンブッラ

    アジア

    【スリランカ】基本情報
  4. マカオ・花火

    アジア

    【マカオ】基本情報
  5. 東ティモール・伝統建築

    アジア

    【東ティモール】基本情報
PAGE TOP